あらためて、「京都きものTV」4月号 『裄のお話し』!

昨日は大原女装束体験に行かれなかったので

今日、仕切り直して「お茶の間」で『京都きものTV』の収録です。

『気になる裄のお話し』

前々からお話したかった裄の長さについて。よく「66cm~68cmないと小さくて…」とお聞きするのですが

普段着の小紋や紬は 手を真横に伸ばして45度くらいに上げて、袖口が手首のグリの手前まであれば十分です。

ましてや活動的な木綿やウールの着物は 動きやすいようにもっと短くて大丈夫!

フォーマルな着物でもグリにかかるくらい。手首が隠れて甲まで被るのは長すぎです。

でも、手の甲にかかる長さの洋服に着慣れていると短く感じるのかも。

たまに着るフォーマルを基準にしてしまうと 普段着はかえって着にくくなってしまいます。

着物が日常着だったころのアンティーク着物は短くて普通です。生地巾も狭いので1尺8寸(68cm)は出せないし、手首が出る方が着慣れた感じで素敵ですよ(*‘∀‘)

いろんな袖の形や裄のお話をしました。ぜひご覧下さい!!

ふだんぎ着物 木綿着物 リサイクル着物

 

 

 

 

4月の「京都きものTV」、大原女は・・・

今月の「京都きものTV」、 三年ぶりにまた洛北・大原

″大原女装束” を着せてもらう予定でした。

だけど…残念!昼からの雨で中止になりました(;´Д`)

昨日はとっても良い天気だったのにー(ノД`)・゜・。

せめて3年前にアップした「大原女装束の着付け」をご覧下さい!

素敵でしょう?三姉妹、めちゃくちゃテンションあがりました♡

こちらが本編です。まず 前編・・・このころは編集してて 結構力作?のつもりだったけど オープニングが長いです。約1分(>_<) 飛ばしてください。最後に「大原女着付け」が入ってますがちょっと味付けが違います。

(動画内の「大原女まつり」の情報は三年前のものです。)

それから 後編。草木染工房で桜の木から煮だした染料でスカーフを染めさせてもらいました!

楽しかったなぁ~♪ で、今年もまた行きたかったんですが・・・雨!!

わらじで歩くので雨の日は着付け体験出来ないんです。残念、また今度かならず行きますね!! 

働く着物がポピュラーになりますように!

ふだんぎ着物 木綿着物 リサイクル着物

営業時間のお知らせ

いつもご愛顧頂き誠にありがとうございます。

4月12日(第2火曜日)は、スタッフ研修のため

11:00~15:00 の営業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが どうぞよろしくお願い申し上げます。

mkotei3_2

ふだんぎ着物 木綿着物 リサイクル着物